FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルシン製ガスガン 南部14年式後期型 レビュー!

マルシン 南部14年式 後期型レビュー

DSC_0110.jpg

十四年式拳銃といえば、1925年に大日本帝国陸軍に正式採用された銃で、戦後の1945年まで主力拳銃として旧日本軍の兵士に使われた拳銃で使用弾薬は日本軍独自の8mm拳銃弾を8+1発、ショートリコイル方式を採用している。

戦後の武装解除のあと海外にも渡り、現在も銃器マニアが所有していたり、東南アジアの独立戦争などでも使われてたとか。

また国内でも人気があり、いろんなメーカーから金属モデルガンが出てるなどその人気っぷりが伺えるネ!

さてさて、そんな人気な十四年式拳銃を国内で初めてガスガンとして売っているのがマルシンです。

マルシンといえば元々軍装店で有名な中野の中田商店のモデルガン部門の下請けをやったりとしていたメーカーでそれ以降本格的にトイガン業界に参入したとか。

そのマルシン製品の特徴はずばり独創的とでも言いますかw

独自規格の8mmBB弾、排莢式ガスブローバックのデュアルマキシシリーズ。最近ではCО2ガスタンクをマガジンに挿す、CО2ガスガンなどどちらかというと独自路線重視なメーカーです。

そのマルシンから十四年式拳銃のガスガンが発売されているわけですが6mm弾使用、8mm弾使用の前期型、後期型がそれぞれ出ています。

6mmは標準的なエアソフトガンタイプで8mmは先程も書いたとおりマルシン独自規格。

実銃も8mmだからマルシン南部も8mmBB弾仕様の方が迫力がありますが今回は6mm仕様の後期型をレビューしてまいります~

DSC_0115.jpg

箱はシンプルなダンボールの箱ですwこれはマルシン製品のほとんどに言えることで左上に機種ごとのシールが貼られてます。

ついでに初回生産の箱には漢字で大きく南部十四年式と書かれています。

同じダンボールならそっちのほうが雰囲気あるのに・・・

DSC_0116.jpg付属品は本体、BB弾、説明書、ホップアップ調整用の六角レンチが付属! 

DSC_0118.jpg

DSC_0117.jpg
DSC_0119.jpg 補足説明書曰くこの説明書8mm仕様と共同らしいので一応注意を。

説明書には基本的な操作方法、パーツリスト、ホップ調整のやりかた、旧軍のイラストや変な女の人のイラストがw ドジですわ・・・こんな事する人いるのかしらw


DSC_0152.jpg
今売っている十四年式についてるグリップは全て上の写真のような茶色のプラスチック製が標準装備、握り心地は悪くない!

またオプションパーツでマルシンから木製グリップもでているから、一緒に買うと幸せになれる!

だから自分も買いましたwヾ(・∀・;)オイオイ、値段は4000円くらいで質感、見た目がグッとよくなりますよ~

今回のレビューは木製グリップを付けた上でやりますので、ご注意をm(_ _)m


DSC_0111.jpg
全体図 素材はヘビーウェイト樹脂だからずっしり!仕上げは古い銃に合わせたのか、荒々しい仕上げ。

全体のパーティングラインも綺麗に消されてます。

やっぱりグリップを変えると大分味が出ます。

DSC_0114.jpg

細いすらっとしたバレルやグリップの形はまるでドイツのルガーP08に似ているけど、実際はは見た目だけで中身、作動機構はモーゼルC96に近いそう。

マルシンのホームページ曰く、全長205mm重さは715gだとか。


DSC_0122.jpg

安全装置はレバー式で180°回転させる、と書かれてる所まで回せば弾を発射でき、のところに回せば安全装置がかかる仕組み。

安全装置といい十四年式の文字といいすごい雰囲気が出ている!

そしてこの後期型の最大の特徴とも言えるダルマ型トリガーガード、亜鉛ダイカストで出来ています。

前期型は普通の丸型ですがこの形にしたのは意味もあり、防寒手袋を使用したとき使いやすくなるために、こうしたとか。   実際に手袋を着用して試しましたが何ら問題なし! 

昭和13年(1938年)からこの形になり、ここから俗に後期型と呼ばれるようになったとか。

トリガーガードもパーティングラインは消されてましたが、内側には残ってました、少し残念

後で見たらメッキ処理されたトリガーにもパーティングラインがうっすらありました!

DSC_0123.jpg

見づらいかもだけどグリップフレームに昭19と書かれているから1944年製です。もう末期型じゃないかw

上には南部銃器製造所のマークにシリアルナンバー的なものの刻印も。

右にある小さな刻印はマルシンの刻印です。(Marushin industory made in Japan)

DSC_0132.jpg

後期型の特徴其の弐!それはコッキング・ノブの形状です。

前期型は二本溝の入ったタイプですが後期型はこのように簡略化された丸い形状。

実はこの形状で前期型か後期型か迷いましたw 前期型のパーツたのもうかな・・・

調べるとこのタイプのノブは昭和19年かららしいので、マルシンが正しいことが分かりました。

コッキング・ノブは引いてみると軽いです

ノブの下にあるのはランヤードリングで前期型にも付いてます。

DSC_0133.jpg
後期型の特徴其の参! マガジン脱落防止板バネ

グリップ前面のモッコリしたやつがそれですw 実銃ではこいつのせいで、マガジンを抜き差しするにも結構力がいるみたいです。
ガスガンだと固いとかそんな気はしないね。

DSC_0134.jpg



←バレル、アウターバレルにはダミーのライフリングが刻まれてる。

最初8mmの十四年式ガスガンが出たとき、アウターバレルが少し太かったそうです。6mm仕様では改善されてるという事なので、今の8mmも改善されたのかね?      















DSC_0144.jpg
グリップはシングルカラム、日本人の為に作られただけあって、握りやすい

しかしこのマルシンの南部14年式、残念な部分が二つあります。

一つはこの上の写真のようなホールドオープンはしません

撃ち終えても、マガジンが入った状態でコッキング・ノブを引いてもロックはされません。

上の写真はコッキング・ノブがどこまで引けるか、射撃時にどこまでボルトが後退するかの検証でチャンバーに詰め物をしていますw

オートマチック銃は撃ち終えた後のホールドオープン、スライドストップが醍醐味だから少し残念・・・機構が難しかったのかな

二つ目はショートリコイルしません。

実銃なら大雑把に言うとボルトの後退と同時にバレルも後ろに動くのですが、それすらないということは少し無理して作ったんじゃ・・・。ネットではショートリコイルするよう改造した人もおられるようです。

DSC_0124.jpg

マガジンの作りはすごいリアル! シルバー塗装された亜鉛ダイカストで作られてます。

ダミーカートと一緒に飾りたいwww BB弾は12発入ります。無理すれば13発はいりますけど本体に収まらない゚(゚´Д`゚)゚

DSC_0125.jpg

マガジンリップはプラでマガジン底面にはほんの少しだけパーティングライン?っぽいのが。

マガジンで唯一残念なのは放出パッキンですかね(~ω~;))) マルシンの放出パッキンは元々赤色ですので仕方ないかもしれないけど、せっかくリアルなマガジンもなんか、勿体無いですね・・・

黒色とかできないのかな?

注入バルブは底面、放出バルブは背面にありまぁす!w

DSC_0156.jpg
グリップで隠れている場所にピンがあるので、それを外せば分解もできます。

メンテナンスに必要な分解だけやりましょう!

                      実射

     DSC_0158.jpg

実射です

DSC_0131.jpgチャンバーの上部分に小さな穴があるよね?

そこがLD2システムの調整する穴です。

このシステムは一般的に言うホップアップと同じようなものです。

ここに付属の六角レンチを差して、強い方向に回せばBB弾に回転が与えられて、飛距離が伸びるのです。

しかし、このシステム僅かに調整するだけで結構弾道が変わるらしいので細かい調整が必要だとかw

あまり強く回しすぎると、弾詰まりを起こすのでご注意を~










DSC_0151.jpg←サイトの様子、フロント及び、リアサイトは固定式

フロントサイトはいい三角形でサイティングしやすいけど、目が悪いからかあんまり関係ないwww

古い銃にホワイトドットがあるわけないしね(・ω・`)


















さて実射です! 弾を込めて、ガスを入れてコッキング~、今回も5m射撃です。

よくマルシンは弾がバラけると聞きますがどうでしょう?

トリガーのキレはいいです!バシバシ撃てますネ~。発射音は小さめ、サバゲーマーもお座敷シューターも音が小さいと助かりますw

マルイのガスブロはかなり音がでかいですw

りコイルはボルトが後退するだけだから軽めです。多分持ってるガスガンでは最小だけど、機構的にも複雑だろうし、そこまで気にはなりません。 

ブローバックスピードはいいですね。 ただし、ショートリコイルもしないし、ホールドオープンもしない。

そして真夏にも関わらずマガジンが冷えてしまう!、撃っててガスが全部抜けてしまうことが何度かありました。

シングルカラムだから冷えには弱いのでしょう、他にも個体差が原因かもしれません。

               DSC_0157.jpg

↑ 5m射撃の結果、いい感じにまとまってるね、いい個体だったのかもしれない(´∀`*)

ただ、ひとつ問題がありました

ターゲットペーパーの上部に黒い印が付いている、弾痕がありますよね?

それは7m射撃で命中した弾の跡です。

なにが重要かというと、当初7mの距離で撃って計測したんだけど、12発撃って、8発が的にも当たらず残りの四発もかなり中央から外れています。

さすがに自分の腕が悪いのだろうと重い、慌てて同じ距離から以前紹介したWAのM92FSを速射してみましたが、きれいにまとまりました・・・・・・

どうやらマルシンの弾がバラけるというのは、本当のようです。

これには調整、個体差の問題もあるでしょうが、なんかもうすごいですよねw

2mの差でここまでバラけるとは・・・

また、結構前のロットのものはブローバックしたらBB弾がチャンバーから飛び出す不具合があちこちで起きたらしいですが、多分改善されたのでしょう。自分のものでは確認されてません。


                             総評

マルシンから国内唯一のガスガンとしてモデルアップされた南部十四年式は流石モデルガンにも力を入れてるせいか、外装はグッドで、古い銃が好きな方や旧軍マニアは買いの一品!

ただ、作動を完全に再現できてなく、生ガスを噴いたり、安定しない命中精度は正直サバイバルゲームに向いてないかもしれません (あくまで主観!)

お座敷シューターの方なら満足できるんじゃないでしょうか、現に自分はサバゲーマーかつお座敷なので満足してます

またつい最近ではマルシンからエクセレントHWという、表面を磨き上げたビンテージ風なもの出ているので、それを買うのもありかもですねw




                              追記

DSC_0240.jpg
9月16日

つい最近東京上野にある老舗軍装店、中田商店にて14年式用のランヤードを購入! 

ランヤードリングに通すのに少しきつかった・・・

値段は900円、作りもしっかりしていてなにより長いw 80cm以上あったΣ(・ω・;|||

中田商店の旧軍系の物は数に限りがあり、再販もわからない状態だから、早めに入手したほうがいいかも!

では今日はここらへんで!See you again!














スポンサーサイト

マブラヴやその他

最近全然更新できてなくて、すみませんm(_ _)m

それで、まぁ今日はマブラヴ関連と適当に近況を・・・

1 トータルイクリプス 延 期

またですわ・・・二回目の延期だけど、まぁ、たいして驚かないのがマブラヴクラスタwww

ホームページで唯依ちゃんも思わずペコリ

無題


【変更前】2014年7月31日(木)



【変更後】2014年9月26日(金)

だそうです。

まぁ、ぶっちゃけ金銭的厳しさもあるし、クオリティーアップならいいんじゃないw

自分はゲッチュ屋で予約しました~。特典はイーニァのタペストリー

2 シュヴァルツェスマーケン フィギュア化

昨日のニコ生で毎週金曜日に放送されてる、age公式広報番組の広報の咆哮でなんと柴犬キャラ3人のフィギュア化が発表され、更に原型が公開されました。

・・・・・・・うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!?

柴犬勢のグッズ増えたらとか思ってた矢先にこのニュース、嬉しくないわけがない!

キャラは三人でしたのでご紹介~。

アイリスディーナ・ベルンハルト様
無題77
柴犬のキーパーソンの一人で、第666戦術機中隊の隊長さんです。もう女神です。

カティア・ヴァルトハイムちゃん

555無題

右の子ね!物語で一番のキーパーソンです。お漏らし

リィズ・ホーエンシュタイン

88無題
主人公の生き別れの義妹です。ビッチ

の三人がフィギュア化!原型やばかった(*´Д`)ハァハァ 続報を待て!

3 近況

と言っても語るものないわwww強いて言うなら、ラブライブの一期を見終えたくらいですかねー、よかったよw

では今日はここらへんで!See you again!


Pagination

Utility

プロフィール

れおっちゃん

Author:れおっちゃん
ブログを始めました~れおっちゃんです!基本ミリタリーやマブラヴのこと書いていきます~。黒いバニシングフォースというサバゲーチームの隊長努めております!不定期ですがどうぞ見てください!

最新トラックバック

応援バナー

フリーエリア

カウンター♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。